Schedule

Back
Sangyong Sim
Sangyong Sim
@riseshia

Software engineer at Cookpad Inc.

Cleaning up a huge ruby application

(JA) プロジェクトに顕在している未使用のコードを消すのは難しいです。 その理由としては特定コードを消していいのか確信を持ちづらいこと、そして実際削除可能なコードを探す作業は作業効率が悪いということなどが上げられます。 クックパッドでも未使用コードを削除しているのですが、上記のような問題がありこれらを解決するためにコードの修正履歴を利用したコード監視や、本番環境の実行履歴からの未使用コード探すなど仕組みを導入しています。

この発表ではコード削除業の意義や面倒さを説明し、そして1年で現行のサービスのクローズなしで5万行以上のコードを消せた経験を共有します。

(EN) Deleting unused code from a huge project is hard. Because it's difficult to:

  • get confidence whether we could delete it or not.
  • find potential unused codes is cost-inefficient task.

We has cleaned up unused codes, and introduced the stuffs such as logging code execution on the production environment, monitoring the code changes for solving these problems.

In this talk, I will explain why cleaning up codes is needed, why it's troublesome, and describe our experience how we deleting more than 50,000 lines codes without closing any services.